交通事故で警察を呼ばずに後悔

交通事故というのは自分の中でどんなに大したことはないと思っていても、その場で警察を呼ばなくてはなりません。
基本的に交通事故が起きてしまった時には警察を呼ばなくてはいけないという決まりがありますが、その時の状況次第では警察を呼ばずに済ませてしまう人もいるようです。
しかし、その場で済ませてしまえばしまうほど後になって後悔することがありますので、どんな状況であっても必ず警察を呼んで実況見分などを行い、その後事故証明書が作れるような状況にしておく必要があります。

忘れた頃に請求される場合もある。

前述の通り、交通事故が起きてしまった時に警察を呼ばず、その場だけで解決してしまうと自分の中では大丈夫だと思っていても、突然先方から治療費の請求が行われたりすることがあります。
交通事故が起きてしまった時にはお互いに急いでいたため、連絡先を交換しその場でお互いに済ませましょうなどといった話になることがありますが、特に自分自身が加害者になってしまった場合には被害者側が周囲に話をするうちに、加害者にしっかりと請求した方が良いなどと言う流れになり、加害者の知らないうちに、毎日のように病院に通った結果、ここで必要だった費用わ、まとめて請求されてしまうようなケースがあります。

こうなるともちろん加害者としてはお金を払う必要がありますが、実際にどれだけの費用が必要になったのか、またどれだけ保証をしなければならないのかという事は判断できなくなってしまいます。
警察を呼んだ上で保険会社のスタッフにも連絡をしておけば、双方での過失割合が決定するので保証する部分についてもしっかりと計算されることになりますが、警察を呼んでいない以上は事故証明書がありませんから、保険会社は一切対応してくれません。

最悪は先方に言われるがまま、とても高いと思うような治療費等でも全て負担しなければならないケースがあるので、必ず警察を呼んだ方が良いでしょう。

ひき逃げや当て逃げとして扱われてしまう可能性が高くなる。

その場から逃げ去ったわけではなくても被害者の方に声をかけ、被害者の方も特に見た目のけがなどはなく、車の損傷もほとんどないといった場合にはその場だけの話し合いで終わりにしてしまうことがあります。
上でも書いたとおり、お互いに仕事で急いでいたなんていう場合にはこのような話で終わらせてしまうこともあるのですが、この際に、加害者がうっかりしていると被害者側が車のナンバーを覚えていて、後日警察に届けられてしまうことがあります。

そうなると当て逃げとして扱われてしまう可能性も高くなり被害者が歩行者や自転車だった場合には、ひき逃げとして扱われてしまう可能性さえあります。
その場でしっかり話し合いが出来たからといっても、やはり事故が起きた時点で警察に連絡していないことは道路交通法を違反していることになってしまいますので、これだけでも厳しい罰則が待っているということを忘れないようにしましょう。
その上で先方が負った怪我の治療費などについては自分たちだけで話をすると感情論になってしまうことも多いので、最終的には弁護士さんを間に立てて話し合っていくといったケースがほとんどです。
それでもやはり加害者としてその場で警察に連絡していなかったというのはとても不利な状況になってしまうので、弁護士さんが交渉をしてくれたとしても、自分自身が負担しなければならない保証とても大きくなる可能性があります。

交通事故から数日または数ヶ月が経過して、あの時警察に連絡をしていればよかったと後悔することがないように必ずその場で連絡を入れましょう。