交通事故で後遺症が認められたのは弁護士さんのおかげ

交通事故の後に認められる後遺障害というのは非常に様々です。
一般的に後遺傷害というのは外見的にも非常に大きな傷やはっきりとわかるような障害が残ったケースだと思われていますが実際にはそうではなく、外見的にはわからないものであっても後遺症として認められるケースがあります。
しかし外見的にわからない後遺症に関しては詳しい知識を持つ医師や保険会社のスタッフ、または弁護士の力を借りて後遺症認定に関しての申請を行っていかなくてはなりません。
例え弁護士さんに頼んで後遺症認定をしてほしいと言った場合でも弁護士さんが後遺症について詳しい知識を持っていなければ医療機関で行われる検査そのものは適切なものかどうかを判断することができなくなってしまいます。

本当に詳しい知識を持つ弁護士に頼ることができれば後遺症認定を行い逸失利益や慰謝料といった部分でしっかりと損害賠償を受け取ることができます。

いつまでも辛い症状が続くなら後遺症を疑うこと

交通事故が起きてしまった直後というのはどうしても怪我の状態もひどいので、痛みなども強くなってしまいます。
その中で治療などをしていくのですが、比較的怪我そのものは軽度だった場合には、2ヶ月から3ヶ月程度治療していく中で症状もどんどん緩和されてきます。
しかし痛みそのものは緩和されていても他に自分の中で不自然に感じる症状があった場合には、後遺症を疑わなくてはなりません。
なぜなら、交通事故の後遺症の一つにRSD というものがあり、これは外見的には怪我などがなくても交通事故にあって怪我をしてしまった部分にいつまでも辛い症状が残ってしまうものとなっています。

例えば骨折した後、骨そのものがくっつくことによって痛みなどはほとんど出なくなるのですが、代わりにしびれや動きが不自然に感じてしまうなど骨がくっついた割には不自然な症状が多いと感じた時にはRSD を疑い、後遺症認定のための申請を行うようにしましょう。
もちろんこのような症状に関しては、相手の保険会社もなんとかうまくごまかしながら早々に示談を成立させようとするのですが、上記のような症状が残っている場合には事故の後遺症についてとても詳しい知識を持っている弁護士さんを探し、全ての症状を話した上で後遺症の懸念があるかどうかを調べてもらうようにしましょう。

被害者が気になる症状があると言っていても、先述した通り保険会社は中々認めてくれず必要な検査を受けることができないまま症状固定になってしまうことがあり、また症状固定になってしまえばその時点で諦めてしまう人もいます。
こうした後遺症について詳しい知識を持つ弁護士さんであればRSD を診断するための必要な検査なども把握していますので、利用期間がどれだけの検査をしたかどうか必ず調べてくれます。
万が一、適切な検査が行われていなかった場合には医療機関側に対し適切な検査を行うように話を進めてくれるので、後遺症が認められるケースはたくさんあります。

不安なときは早めに相談しておく方が良い

上記のように交通事故の後の後遺症については素人が知らない事もたくさんあります。
しかし弁護士さんに頼ることで自分ではこれまでわからなかったことでも色々とアドバイスを受けることが出来るだけではなく、後遺症認定についても積極的に医療機関に対しての交渉や必要な検査を行ったかどうかの情報開示などを行ってくれるので、弁護士さんのおかげで後遺症認定が行われたと言う人もたくさんいます。

特に被害者になってしまい怪我をしたという場合には、よほど軽症でない限り早い段階で弁護士さんに相談しておくほうが何かと安心なのかもしれません。